オランダ・バッハ協会の「All of Bach」

オランダ・バッハ協会の「All of Bach」
クラシック2014-05-23 23:38

1921年創設の歴史ある古楽演奏団体オランダ・バッハ協会(Nederlandse Bachvereniging)による、にわかには信じがたい壮大なプロジェクトが始まっています。題して「All of Bach(バッハのすべて)」。J.S.バッハが生涯に残した全作品1080曲についての演奏記録映像と解説記事を、今後20年間(!)にわたって毎週金曜日に公開してゆくというものです。サイトは5月2日に公開され、初回の6曲と合わせて今日までの3週分、計9曲が公開されています。本気で毎週やるつもりなのか!

まずは公式の告知映像を。

作品の公開順には特に法則性はないらしく、金曜日の更新とともに公開されるようです。もちろん1080曲というのはバッハ作品主題目録番号(BWV)によるナンバリングに基づいているので、ある週は30分くらいの教会カンタータだったり、別の週は数分の鍵盤楽曲だったり、またある週は2時間超の大曲だったりするのでしょうが、いずれにせよ、本当に全曲やるつもりのようです。

例えば、今日23日に公開されたのはカンタータ146番「われらあまたの苦難をへて(Wir müssen durch viel Trübsal in das Reich Gottes eingehen)」でした。

Wir mussen durch viel Trubsal in das Reich Gottes eingehen - All of Bach

http://allofbach.com/en/bwv/bwv-146/

コンテンツは演奏映像がメインで、楽曲の詳細と演奏者、録音に関する全情報、声楽曲の場合はオリジナルテキスト全文が付いています。さらに、その曲についての指揮者または演奏者へのインタビュー映像と解説記事までがあって、これで1セット。それなりにボリュームがあります。
ちなみに、映像自体はvimeoがホスティングしていて、HDの美しい画質で観ることができます。これ、このクオリティのものが本当に無料で、煩わしい会員登録とかも一切なくて、いつでも鑑賞できていいんですかという。

サイトの説明を読むと、団体の創立100年に向けたプロジェクトの一環だそうで、それにしてもどういう理屈でこんな壮大な企画が成立するのかが不思議です。だって、例えば研究目的でいうとISMLPやパブリックドメインクラシックみたいなサイトがあって、また有志レベルではKickstarterで成功を収めたOpen Goldberg Variationsみたいなプロジェクトがある。一方で、歴史的価値のある演奏なんかはバンバン無断でYouTubeにアップロードされていて、便利ではあるものの玉石混淆だし。

このAll of Bachが今後も20年間続いていくのならば、まさに永久保存版的なバッハ作品のアーカイブになるはずで、ひとつの団体によってクオリティコントロールされた演奏記録、シンプルながらそれ自体が革命的な挑戦のように思います。

映像的に特におもしろいのがロケーションの違いで、あるときはフローニンゲンの17世紀の教会オルガン(Toccata and Fugue in D minor - All of Bach)で、またあるときは小ぢんまりとした邸宅? の一室のチェンバロだったりする(The Well-Tempered Clavier I no. 12 in F minor - All of Bach)。けれどいずれの場合も演奏、映像に一切手抜きがない。

調布音楽祭 2014にも出演されるヴァイオリニストの佐藤俊介さんは、このオランダ・バッハ協会管弦楽団のコンサートマスターだそうで、今日公開された先のBWV146の映像のなかでも弾いておられます。この曲、冒頭の2曲はチェンバロ協奏曲第1番BWV1052からの転用ですが、オルガンで聴くとまた素晴らしいですね。

とにかく、これから毎週金曜日が楽しみになります。完走(完奏)まで見届けたい!
スポンサーサイト

ポール・マッカートニーさん来日

ポール・マッカートニーさん来日
4月23日 23時15分

世界的なミュージシャンのポール・マッカートニーさんが、ザ・ビートルズの来日公演の舞台となった日本武道館などでコンサートを行うため、23日夜、2年ぶりに来日し、空港で大勢のファンの出迎えを受けました。
元ビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーさん(74)は、現在もソロアーティストとして精力的に活動していて、25日からは日本で2年ぶりとなるコンサートを行います。

マッカートニーさんは、23日午後7時すぎ、プライベート用のジェット機で羽田空港に到着し、ロビーではおよそ700人のファンが待ち受ける中、笑顔で親指を立てて声援に応えたり、ファンに近づいて握手に応じたりしていました。

握手をした40歳の男性は「近くに来たときにポールが手を出してくれたので握手することができました。夢のような気持ちで失神しそうな感じでした」と興奮気味に話していました。

また、早朝から12時間以上、到着を待ったという57歳の女性は「40年ほどビートルズのファンですが、ポールがいるから今の人たちにビートルズの音楽が伝わっているんだと思っていて、すごく感謝しています。コンサートも全部見に行きます」と話していました。

今回の公演は東京都内で4回行われ、初日の25日は、51年前の昭和41年にビートルズの来日公演の舞台となった日本武道館が会場になっています。

ポール・マッカートニーさんと日本公演
ポール・マッカートニーさんは、51年前のビートルズ時代の初来日を含め、これまでに6回、来日公演を行っています。

昭和41年のビートルズの来日コンサートは、日本武道館で3日にわたって開かれ、当時の若者たちを熱狂させました。

これがきっかけで、日本武道館はロックコンサート会場の定番となり、レッド・ツェッペリンやイーグルスなどが次々に公演を行い、「ブドーカン」の名が世界に広まりました。

マッカートニーさんは、その後、平成2年、5年、14年、25年と日本でコンサートを行い、平成26年には、来日したものの体調を崩し、直前にすべての公演が取りやめになりました。

その翌年のおととし、マッカートニーさんは改めて来日し、最終日にはビートルズ時代以来49年ぶりとなる日本武道館での公演を実現させて、およそ1万人のファンを沸かせました。

すべての見えない光 [著]アンソニー・ドーア

すべての見えない光 [著]アンソニー・ドーア
[評者]円城塔 (作家)
[掲載]2016年10月09日
[ジャンル]文芸

著者:アンソニー ドーア、Anthony Doerr、藤井 光 出版社:新潮社

■重なり響き合う少年少女の時間

世の中にはまれに、読み終えるのが惜しい小説がある。そうしてさらにごくまれに、ひとつひとつの段落を読み終えるのが惜しくなる小説がある。本書はそんな、たぐいまれな作品のひとつである。
物語は章の形で時間を交互に重ねるように展開する。ひとつは、第二次世界大戦下のフランス、サン・マロの町での数日間。もうひとつはその日々へとつながる過去の時間。
重ねられた時間の中には、響きあう二人の人物が登場する。一人は、盲目となったフランス人の少女。もう一人は、工学の才能をみせるドイツ人の少年。
各章はこの二人と周囲の人々をめぐるみじかめの節から構成され、それぞれが短編小説として成り立つような密度をそなえる。
戦火を避け、住み慣れた町を離れた少女と、ドイツ軍に編入された少年には直接的な面識がない。ただそれぞれがラジオにかかわることがあるだけである。
この物語の美しさはしかし、そうした筋の巧みさだけによるのではない。ときに近く、そして遠く響きあう少年少女だけではなく、このお話に登場する多くの人間たちはみな、それぞれにかすかな、ほとんど目につかないほどのつながりで互いに結びついている。それどころか、本や缶詰、模型といった周囲の膨大な物たちも、緊密な関係の網目を形づくる。さらに驚くべきことに、その繊細なつながりは文章を構成する単語同士にまで及び、全体として読み終えるのが惜しい小説をつくりあげている。
物語の終幕に向かうにつれて緊迫感が高まるのと並行して、文章もまたそれ自体の存在感を増していき、最終的には何かの意味というよりも、文章というものそれ自体の美しさを読むような体験が襲いかかるが、これはあくまでも個人的な反応であるかもしれない。
ピュリッツァー賞受賞の本書を、藤井光の美しい訳文で読むことのできる日本の読者は幸せである。

Anthony Doerr 73年米オハイオ州生まれ。著書に『シェル・コレクター』『メモリー・ウォール』。

12世紀ルネサンス

12世紀ルネサンス
12世紀ヨーロッパに起こった芸術、思想上の転換。イスラーム圏との接触からキリスト教的世界観に変化をもたらし14世紀のルネサンスの先駆となった。

12世紀の西ヨーロッパ世界において、それまでのキリスト教とゲルマン文化の結びついた中世文化が大きく変化し発展したことを12世紀ルネサンスという。主な内容は、スコラ哲学の隆盛、大学の出現、ゴシック様式の建築の始まり、騎士道物語の発生、吟遊詩人の流行などに現れている。
これらのヨーロッパ文化の新しい動きを、14世紀のルネサンスに先だつ動きとしてとらえ、12世紀ルネサンスと表現したのは1927年のハスキンズに始まるが、最近はその研究も深まり、内容も豊富となって「ヨーロッパの転換期」として重要性が増している。 → 14世紀以降のルネサンス
12世紀ルネサンスの契機と背景
その契機となったのが、十字軍によってもたらされた、ビザンツやイスラームを経由して、ギリシア哲学の古典を学んだとであった。また新しい思想や芸術を受けいれた背景には、封建制の確立、農業生産力の向上(三圃制農業など)、人口増加とそれに伴って貨幣経済の発展(商業の復活)と都市の勃興(および知識人の登場)などがある。
12世紀ルネサンスの内容
12世紀ルネサンスは、西欧世界がイスラーム文明と接触・遭遇し、その成果を取り入れ、消化し、その後の知的離陸の基盤とした大変革期であり、それなくして14世紀のルネサンスはなかったと考えられる。この時期にイスラームを通じてヨーロッパが学んだのは、独創的なイスラーム固有の学問だけではなく、ユークリッド幾何学、プトレマイオスの天動説、ヒポクラテスやガレノスの医学、アリストテレスの哲学などのギリシア文化やヘレニズム文化の優れた内容であった。これらのギリシア・ヘレニズム文明が、ローマを経て西欧に継承されていたのではなく、12世紀にビザンティン、アレクサンドリアを通じて伝えられたものであることはしっかり理解しておこう。アラビアのイスラム文化の中心はバグダードに移っていたが、エジプトのアレクサンドリアはプトレマイオス朝時代のムセイオン以来の学術の伝統はイスラーム教徒にも継承されていた。
これらのイスラーム文化、ギリシア・ヘレニズム文化の流入に刺激され、12世紀ごろのイタリアを初めとして中世ヨーロッパの大学が誕生する。これらの大学は当初は教会付属の教育施設であり、研究のおおきは部分は心学とスコラ哲学であった。また、建築におけるゴシック様式の始まり、文学における騎士道物語の発生、吟遊詩人の流行などが含まれる。
イスラームから学んだ学問
12世紀以降、西ヨーロッパの学問、文化にはイスラーム文化の影響が強く表れた。特に、イベリア半島のトレドに作られた翻訳学校で、アラビア語文献に翻訳されていたアリストテレスなどの哲学書やエウクレイデス、プトレマイオスなどの科学書、ヒポクラテスやガレノスらの医学書などのギリシアやヘレニズム時代の書物がラテン語に翻訳され、またイブン=ルシュド(ラテン名アヴェロエス)、イブン=シーナー(ラテン名アヴィケンナ)などのイスラームの学者の書物が伝えられたことが、大きな刺激となった。 → 中世ヨーロッパとイスラーム文化
イスラーム文化の流入ルート
イスラーム文化(アラビア文化)が西欧に入ってきたルートとして重要なのは、イスラーム勢力が直接及んだ、上記のイベリア半島のトレド、シチリア島のパレルモなどである。他にビザンツと関係の深いヴェネツィアなど北イタリアの都市も経由地となった。<以上、伊東俊太郎『十二世紀ルネサンス』 2006 講談社学術文庫 などによる>
出題 2011年 慶応大経済
第1問 問7 ヨーロッパの「12世紀ルネサンス」に対するイスラーム圏の影響を、その内容、主な経由地を明確にして説明しなさい。
解答

ピエール・ブール原作の『猿の惑星』

私が小説と映像の違いをもっとも印象づけられたのは、ピエール・ブール原作の『猿の惑星』だ。
『戦場に架ける橋』の作者としても知られるブールの『猿の惑星』原作のエンディングは、映画とは違う。宇宙を航行中に拾ったカプセルに入っていた物語には、元々人類が支配していた世界において、その後知能で逆転した猿が人類に替わって支配しするようになった、ということが書かれており、それを読んだ宇宙船の乗組員が「人類が高い知的能力を持っているなんて、そんな馬鹿な」、と嘲笑しながらカプセルを捨てる、その腕が毛に覆われていた、というエンディング。要するに、物語を読んでいた宇宙船の船員が、知能が向上した猿だった、ということ。
そして、この原作を元にした映画の第一作のエンディングは、皆さんよくご承知のように、自由の女神である。
プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR