FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルフォトフレーム

デジタルフォトフレームとは、デジタル写真の表示に特化したディスプレイ。フォトプレーヤー、デジタル写真立てなどと呼ばれることもある。
デジタルフォトフレームは、デジタル写真用のフォトフレームという位置付けで発売されており、外観もフォトフレームに似せられていることが多い。7インチ程度の液晶ディスプレイが用いられることが多く、その背面にメモリーカードを挿入するスロットがあるのが一般的である。
電源を入れるとメモリカード内に保存された映像ファイルを自動的に認識してスライドショーを行うというものが一般的。様々なタイプのメモリーカードに対応したスロットや内蔵フラッシュメモリを備え、USBメモリに対応した製品もある。また、無線通信(Bluetoothや無線LAN)などのネットワーク機能を持った製品もある。
コンピュータを使わなくても、デジタルカメラで撮影した写真を簡単に表示させることができるのが特徴。JPEG圧縮された静止画のほか、動画の再生にも対応した製品が多い。動画のフォーマットはMotion JPEG、MPEG-2など。
デジタルカメラの普及に合わせて登場したものの、当初はあまり普及しなかった。しかし1999年に撤退したソニーが2008年に再参入したことなどから急速に普及が進んでいる。ソニーの他には富士フイルムなどが参入している。
2009年以降、携帯電話キャリアがデジタルフォトフレームと専用の通信サービスを提供している。NTTドコモの「お便りフォトサービス」、ソフトバンクモバイルの「PhotoVision」、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)の「PHOTO-U SP01」がある。これらはデジタルフォトフレームに3G無線通信モジュールを内蔵しており、携帯電話とは別に回線契約が必要となっている。専用のメールアドレスで受信した画像ファイルを表示するなどの仕組み。回線を解約しても通常のデジタルフォトフレームとして使用することは可能である。また、キャリア契約は不要で無線LAN機能を用いた同様のサービスもある。
スポンサーサイト
プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。