FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリリアント バッハ:教会カンタータ大全集(60CD)

バッハ:教会カンタータ全集(60CD)
時代楽器を用いた注目の全集。1年3ヶ月という短期間に集中してレコーディングされただけあって、統一感のある雰囲気が快適です。偽作、復活祭オラトリオ、部分消失作品など、全集にふさわしくない11曲を除いた188曲の収録となります。

CD1
■カンタータ第80番『われらの神は堅き砦』 BWV80
■カンタータ第82番『われは満ち足れり』 BWV82
■カンタータ第61番『いざ来たれ、異教徒の救い主よ』 BWV61
CD2
■カンタータ第16番『主なる神よ、われら汝をほめまつらん』 BWV16
■カンタータ第170番『満ち足りた安らぎ、望まれし心の喜びよ』 BWV170
■カンタータ第133番『われは汝のうちにありて嬉し』 BWV133
CD3
■カンタータ第97番『わがすべての行いで』 BWV97
■カンタータ第132番『道を備えよ』 BWV132
■カンタータ第72番『すべてたた神の御心のままに』 BWV72
CD4
■カンタータ第113番『主イエス・キリストよ、汝最高の宝よ』BWV113
■カンタータ第42番『されど同じ安息日の夕べに』 BWV42
CD5
■カンタータ第33番『汝ただ一人に、主イエス・キリストよ』BWV33
■カンタータ第56番『われ喜びて十字架を担わん』 BWV56
■カンタータ第37番『信じて洗礼を受ける者は』 BWV37
CD6
■カンタータ第92番『われは神の御心に』 BWV92
■カンタータ第54番『罪に抗すべし』 BWV54
■カンタータ第44番『彼らは汝らを追放せん』 BWV44
CD7
■カンタータ第111番『わが神の欲したもうことすべて起こらん』BWV111
■カンタータ第159番『見よ、われらエルサレムに上り行かん』BWV159
■カンタータ第165番『おお聖なる洗礼』 BWV165
■カンタータ第22番『イエスは十二弟子を引き寄せ』 BWV22
CD8
■カンタータ第114番『ああ愛するキリスト者よ、心安んぜよ』BWV114
■カンタータ第57番『その人は幸いなり』 BWV57
■カンタータ第155番『わが神よ、いかに久しく』 BWV155
CD9
■カンタータ第98番『神の成したもうことに理あり』 BWV98
■カンタータ第188番『われは信頼を寄せり』 BWV188
■カンタータ第23番『汝まことの神にしてダヴィデの子』BWV23
CD10
■カンタータ第135番『ああ主よ、哀れなる罪人のわれを』BWV135
■カンタータ第86番『まことに、われらは汝に告ぐ』 BWV86
■カンタータ第85番『われはよき牧者なり』 BWV85
■カンタータ第167番『人よ、神の愛をたたえよ』 BWV167
CD11
■カンタータ第172番『歌声よ、響け』 BWV172
■カンタータ第182番『天の王よ、よくぞ来ませり』 BWV182
■カンタータ第90番『恐ろしき終末、汝らを奪わん』 BWV90
CD12
■カンタータ第106番『神の時は最上の時なり』 BWV106
■カンタータ第199番『わが心は血の海に浮かぶ』 BWV199
■カンタータ第161番『来たれ、甘き死の時よ』 BWV161
CD13
■カンタータ第99番『神の成したもうことに理あり』 BWV99
■カンタータ第35番『心も魂も乱れ惑わん』 BWV35
■カンタータ第17番『感謝を捧げる者、われをたたえん』BWV17
CD14
■カンタータ第123番『愛するインマヌエル、信仰深き者の将軍よ』 BWV123
■カンタータ第87番『汝らわが名において祈りしことなし』BWV87
■カンタータ第173番『高められた血と肉よ』 BWV173
CD15
■カンタータ第117番『至高の善に賛美と栄光あれ』 BWV117
■カンタータ第153番『愛する神、みそなわせ、わが敵のいかにあるやを』BWV153
■カンタータ第168番『支払いをなせ、そは恐ろしき言葉』BWV168
CD16
■カンタータ第130番『主なる神よ、われらみな汝をほめん』BWV130
■カンタータ第138番『何ゆえに悲しむや、わが心』 BWV138
■カンタータ第81番『イエス眠りたまえばわれは何に頼るべし』BWV81
CD17
■カンタータ第149番『人は喜びて勝利の歌を歌う』 BWV149
■カンタータ第69番『わが魂よ、主をたたえよ』 BWV69
■カンタータ第169番『わが心は神にのみゆだねん』 BWV169
CD18
■カンタータ第45番『人よ、汝によきことを告げられたり』 BWV45
■カンタータ第150番『主よ、われは汝を望む』 BWV150
■カンタータ第122番『新たに生まれしみどりご』 BWV122
CD19
■カンタータ第116番『汝、平和の王、主イエス・キリストよ』BWV116
■カンタータ第13番『わがため息、わが涙は』 BWV13
■カンタータ第144番『汝のものを取りて去り行け』 BWV144
CD20
■カンタータ第102番『主よ、汝の目は信仰を顧み』 BWV102
■カンタータ第7番『われらの主キリスト、ヨルダン川に来たれり』 BWV7
■カンタータ第196番『主はわれらを思いたもう』 BWV196
CD21
■カンタータ第46番『思いみよ、かかる苦しみのあるやを』 BWV46
■カンタータ第107番『汝、何を悲しまんとするや』 BWV107
■カンタータ第179番『心せよ、汝の敬神偽りならざるや』BWV179
CD22
■カンタータ第6番『われらのもとにとどまりたまえ、はや夕べとなれば』BWV6
■カンタータ第163番『人はそれぞれに相応のものを』 BWV163
■カンタータ第96番『主キリスト、神のひとり子』 BWV96
CD23
■カンタータ第178番『主なる神がわれらを守りたまわずば』BWV178
■カンタータ第156番『わが片足は墓にありて』 BWV156
■カンタータ第27番『たれぞ知らん、わが終わりの近きを』BWV27
CD24
■カンタータ第115番『備えよ、わが心』 BWV115
■カンタータ第55番『われはみじめなる者、われは罪のしもべ』 BWV55
■カンタータ第94番『われは何ぞ世を思いわずらん』 BWV94
CD25
■カンタータ第26番『ああ、いかにはかなく、いかにむなしき』BWV26
■カンタータ第164番『ああ、汝をキリストによりて名づけし者よ』 BWV164
■カンタータ第139番『みずからの神によれる者は幸いなり』BWV139
CD26
■カンタータ第103番『汝ら嘆き叫ばん』 BWV103
■カンタータ第185番『永遠の愛の慈悲深き心よ』 BWV185
■カンタータ第2番『ああ神よ、天より見たまえ』 BWV2
CD27
■カンタータ第60番『おお永遠よ、汝恐ろしき言葉』 BWV60
■カンタータ第78番『イエスよ、わが魂を』 BWV78
■カンタータ第151番『甘き慰め、わがイエスは来ませリ』BWV151
CD28
■カンタータ第128番『ただキリストの昇天のみにより』 BWV128
■カンタータ第154番『最愛のイエスは失われぬ』 BWV154
■カンタータ第62番『いざ来たれ、異教徒の救い主よ』 BWV62
CD29
■カンタータ第192番『いざ、もろびと、神に感謝せよ』 BWV192
■カンタータ第93番『ただ愛する神の摂理に任せ』 BWV93
■カンタータ第145番『われは生きて汝を楽しません、わが心よ』 BWV145
■カンタータ第171番『神よ、汝の名のごとく汝の栄光もまた』BWV171
CD30
■カンタータ第8番『最愛の神よ、われいつの日に死なん』BWV8
■カンタータ第186番『おお魂よ、憤ることなかれ』 BWV186
■カンタータ第3番『ああ神よ、いかにあまたの心の痛手』BWV3
CD31
■カンタータ第198番『皇妃よ、さらに一条の光を』 BWV198
■カンタータ第110番『われらの口を笑いで満たさん』 BWV110
CD32
■カンタータ第73番『主よ、わが運命を御心のままになしたまえ』 BWV73
■カンタータ第125番『平和と喜びのうちにわれは逝かん』BWV125
■カンタータ第157番『われを祝福したまわずば、われ汝を離さじ』 BWV157
CD33
■カンタータ第9番『救いはわれらに来たれり』 BWV9
■カンタータ第91番『たたえられよ、イエス・キリスト』 BWV91
■カンタータ第47番『おのれを高くする者は』 BWV47
CD34
■カンタータ第152番『信仰の道を歩め』 BWV152
■カンタータ第121番『われらまさにキリストをたたえるべし』BWV121
■カンタータ第166番『汝いずこに行くや』 BWV166
CD35
■カンタータ第36番『喜びて舞い上がれ』 BWV36
■カンタータ第184番『待ち望みたる喜びの光りよ』 BWV184
■カンタータ第129番『わが神なる主はたたえられん』 BWV129
CD36
■カンタータ第140番『目覚めよと呼ぶ声あり』 BWV140
■カンタータ第88番『見よ、われは多くの漁師を遣わさん』 BWV88
■カンタータ第79番『主なる神は太陽にして盾なり』 BWV79
CD37
■カンタータ第194番『こよなく望まれし祝賀の宴よ』 BWV194
■カンタータ第176番『かたくなにしてひるむものなり』 BWV176
■カンタータ第89番『エフライムよ、われは汝をいかんせん』BWV89
CD38
■カンタータ第100番『神のなしたもうことに理あり』 BWV100
■カンタータ第108番『わが去り行くは汝らの益なり』 BWV108
■カンタータ第18番『天より雨雪降るごとく』 BWV18
CD39
■カンタータ第40番『そのとき神の御子は現れたり』 BWV40
■カンタータ第84番『わが幸に心満ちたり』 BWV84
■カンタータ第30番『喜べ、救われし群れよ』 BWV30
CD40
■カンタータ第136番『神よ、われを調べわが心を知りたまえ』BWV136
■カンタータ第187番『者みな、汝を待てり』 BWV187
■カンタータ第49番『憧れもて求め行かん』 BWV49
CD41
■カンタータ第195番『正しき者には光が』 BWV195
■カンタータ第1番『暁の星はいと美しきかな』 BWV1
■カンタータ第63番『キリスト者よ、この日を銘記せよ』 BWV63
CD42
■カンタータ第51番『もろびと、歓呼して神を迎えよ』 BWV51
■カンタータ第32番『愛するイエス、わが願いよ』 BWV32
■カンタータ第14番『神がわれらとともになかりせば』 BWV14
CD43
■カンタータ第109番『われは信ず、愛する神よ、不信仰なるわれを救いたまえ』 BWV109
■カンタータ第58番『ああ神よ、いかにあまたの心の痛手』 BWV58
■カンタータ第162番『ああ、われは見ん、今や婚礼に赴くとき』BWV162
CD44
■カンタータ第104番『聞きたまえ、汝イスラエルの牧者よ』BWV104
■カンタータ第83番『新しき契りの喜びの時』 BWV83
■カンタータ第50番『今ぞ救いと力現れたり』 BWV50
■カンタータ第183番『彼らは汝らを追放せん』 BWV183
CD45
■カンタータ第5番『われいずこに逃れ行かん』 BWV5
■カンタータ第38番『深き苦しみの淵よりわれは汝に向かいて呼ぶ』 BWV38
■カンタータ第20番『おお永遠よ、汝恐ろしき言葉』 BWV20
CD46
■カンタータ第146番『われらあまたの苦難を経て』 BWV146
■カンタータ第28番『ありがたや、今ぞ年は終わり行く』BWV28
■カンタータ第48番『われは幸い薄き者、だれかわれを救わん』 BWV48
CD47
■カンタータ第39番『飢えたる者にパンを裂き与えよ』 BWV39
■カンタータ第143番『わが魂よ、主をたたえよ』 BWV143
■カンタータ第175番『彼は羊の名を呼びたもう』 BWV175
■カンタータ第65番『彼らはみなシバより来たらん』 BWV65
CD48
■カンタータ第180番『身を飾れ、おお愛する魂よ』 BWV180
■カンタータ第197番『神はわれらの確信なり』 BWV197
■カンタータ第52番『偽りの世よ、われは汝に頼らず』 BWV52
CD49
■カンタータ第137番『力強き栄光の王なる主をたたえよ』BWV137
■カンタータ第25番『わが身には健やかなところはなく』BWV25
■カンタータ第119番『エルサレムよ、主をほめまつれ』 BWV119
■カンタータ第43番『歓呼のうちに神は昇天したもう』 BWV43
CD50
■カンタータ第75番『貧しき者は饗せられん』 BWV75
■カンタータ第59番『われを愛する者はわが言葉を守らん』BWV59
■カンタータ第21番『わが心に憂い多かりき』 BWV21
CD51
■カンタータ第101番『主よ、まことの神よ、われらから取り去りたまえ』 BWV101
■カンタータ第127番『まことの人にして神なる主イエス・キリストよ』 BWV127
■カンタータ第95番『キリストこそはわが命』 BWV95
■カンタータ第124番『わがイエスを離すまじ』 BWV124
CD52
■カンタータ第12番『泣き、嘆き、憂い、畏れ』 BWV12
■カンタータ第74番『われを愛する者はわが言葉を守らん』 BWV74
■カンタータ第177番『われは汝に呼びかけん、主イエス・キリストよ』 BWV177
CD53
■カンタータ第71番『神はわが王』 BWV71
■カンタータ第76番『天は神の栄光を語る』 BWV76
■カンタータ第10番『わが魂は主をほめまつる』 BWV10
CD54
■カンタータ第64番『見よ、父なる神の大いなる愛を』 BWV64
■カンタータ第134番『イエスの復活を知る心は』 BWV134
■カンタータ第105番『主よ、裁きたもうことなかれ』 BWV105
CD55
■カンタータ第4番『キリストは死の絆につきたまえり』 BWV4
■カンタータ第158番『平和、汝とともにあれ』 BWV158
■カンタータ第131番『主よ、深き淵よりわれは汝を呼ぶ』BWV131
■カンタータ第70番『目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ』BWV70
CD56
■カンタータ第147番『心と口と行いと生活で』 BWV147
■カンタータ第181番『軽薄で移り気な者』 BWV181
■カンタータ第66番『喜べ、汝ら心よ』 BWV66
CD57
■カンタータ第148番『主に向かいてその御名の栄光をたたえよ』 BWV148
■カンタータ第174番『われは心より至高の神を愛す』 BWV174
■カンタータ第112番『主はわが忠実な牧者なり』 BWV112
■カンタータ第68番『かくも神は世を愛したまえり』 BWV68
CD58
■カンタータ第77番『汝の主なる神を愛すべし』 BWV77
■カンタータ第24番『飾りなき心こそ』 BWV24
■カンタータ第126番『主よ、われらを御言葉のもとに守りたまえ』 BWV126
■カンタータ第67番『イエス・キリストを憶えよ』 BWV67
CD59
■カンタータ第34番『おお永遠の炎、おお愛の泉』 BWV34
■カンタータ第31番『天は笑い、地は歓呼す』 BWV31
■カンタータ第19番『戦いが起これり』 BWV19
CD60
■カンタータ第41番『イエスよ、今ぞたたえられん』 BWV41
■カンタータ第29番『神よ、われら汝に感謝す』 BWV29
■カンタータ第120番『神よ、人はひそかに汝をほめ』 BWV120

ピーター・ヤン・ルーシンク指揮
ネーデルランド・バッハ・コレギウム、オランダ少年合唱団

録音:1999年4月~2000年7月
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。