FC2ブログ

時間の物理学―その非対称性 (1979年)

時間の物理学―その非対称性 (1979年)
2009年12月12日 11時13分13秒 | 物理学、数学

時間の物理学: P.C.W.デイビス著(戸田盛和、田中裕 共訳)
(英語版: The Physics of Time Asymmetry by P.C.W Davis)

神保町の明倫館書店でふと手にとった1冊。時間の非対称性をテーマに解説したユニークな本だ。有名な本であるようにも思えなかったのだが、このテーマについては関心が強かったので購入してみた。ファインマン物理学第4巻を訳された戸田盛和先生ともう一人、田中裕という先生の共訳なのでハズレということはないだろうという気持ちもあった。出版されたのは1979年。帰宅してアマゾンで調べたところ既に絶版で、人気がある本なのかどうかよくわからなかったが。まぁ、自分で楽しく読めれば人気はどうでもよい。表紙カバーの裏扉による説明は次のとおり。

------------------------------
日常生活の中で考え感じている時間は、今という瞬間を境に過去から未来へと流れる不可逆的な時間である。一方、物理学の基礎方程式は過去と未来とを取り替えてもなんら矛盾を生じない対称性がある。この食い違いはどのようにしたら融合できるのであろうか。
本書は、バランスのとれた見識と幅広く参照した文献を駆使して、この興味ある問題に取り組んでいる。すなわちこれまでの熱力学、統計力学、電磁気学、量子論、宇宙論などいろいろな分野で取りあげられてきた散らばった問題を一つにまとめ、その用語を統一し、同一の主題のもとに眺めた詳しい解説がなされている。
内容の公平さ、素材の豊かさ、問題の今日性など将来の研究への示唆に富み、大学教養程度の知識を身につけた読者にとっては「時間の問題」の優れた案内書であり、研究者にとっては魅力的な読み物としてユニークな本である。
------------------------------

全体的に文章で書かれている部分が8割を占める。数式については丁寧に展開している箇所もあるが、必要最低限のものを書いているだけなので、各章のそれぞれの分野をひととおり入門書で学習してからでないと理解できないだろう。僕の場合は「宇宙論」に馴染みがないのでこれにあたる第4章がきつかった。あと量子論についての章で、量子電磁気学における時間の対称性と非対称性を説明している箇所もついていけなかった。つまり、その他の大部分の章はなんとか理解できたわけだ。

肝心なのは面白いかどうかというところだ。著者のデイビスという先生は非常に多くの科学論文を参照して1冊の本にまとめあげたのだが、どうもこれが「あだ」になったように思えた。戸田先生も訳者序文で書かれているのだが「著者は多くの研究に対して公平になろうとしすぎているためか、もっと著者の意見だけを述べてほしいと思うところや、説明が長すぎてかえってわかりにくいところ、翻訳しにくいというところもあった。」と述べている。教科書でも一般啓蒙書でもない本書が読者を惹きつけるのには成功していないというのが僕の感想だ。

そもそも「大学教養程度の知識を身につけた読者」を前提にしているが、本書を読むためには熱力学、統計力学、電磁気学、量子力学、宇宙論の教科書にはひととおり学習しておかなければならないのでハードルが若干高めである。アマゾンに読者レビューが投稿されていないことや、「復刊ドットコム」に登録されていないのもそういう理由からなのだと思った。ちなみに英語版をAmazon.comで調べてみたが、こちらも絶版のようで読者レビューも投稿されていなかった。しかしその後、このデイビスという著者は精力的に一般向け啓蒙書を出版され、そこそこ人気があることがわかった。(Amazon.comでこの著者の書籍を検索)

--------------------------------------
2016年4月に追記:

乱雑さを決める時間の対称性を発見
-100年前の物理と数学の融合が築くミクロとマクロの架け橋-
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160427_2/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR