FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 10/8/7でGPTディスクにMBRディスクをクローンする方法

Windows 10/8/7でGPTディスクにMBRディスクをクローンする方法
MBRとGPT

ディスクにパーティション情報を保存する違う方法は2つがあります。標準のBIOSを使うMBR(マスターブート レコード)とUEFI(統一拡張ファームウェアインターフェイス)を使うGPT(GUID パーティションテーブル)です。MBRディスクは最大2 TBのディスクサイズの制限があります。それは、2 TBディスクスペース以上のディスクをサポートできないことを意味します。MBRディスクは四つ以上のプライマリパーティションを持つことはできません。より現代的なGPTはMBRディスクのような制限がありません。GPTディスク上のパーティションは沢山になることができます。また、GPTパーティションのサイズはより大きいです。MBRは32-Bitと64-Bit両方のシステムをサポートできますが、GPTディスクにWindowsの64-Bitバージョンやサーバーバージョンだけをインストールできます。32-Bitシステムで、GPTディスクはデータドライブとして使用されます。
GPTディスクにMBRをクローンする理由

GPTディスクの利点なので、多くのユーザはMBRからGPTへディスクをクローンしたいです。現在、HDDはより多い容量を取得しています。2 TB以上のディスクは組み立てのコンピューターによく使われます。だから、大容量ドライブの空きディスク領域を十分に利用するために、ディスクをGPTディスクとして初期化することは必要です。多くの人は古いディスクを、GPTパーティションを持つより大きいHDDで交換したいですが、古いディスクはMBRディスクであることを見つけます。この状況で、沢山の人は、2TBを超えるディスクスペース部分を利用できないで、大容量HDDをMBRに変換します。あるいは、GPTディスクに、Windowsとアプリケーションを再インストールします。どちらの方法は面倒です。直接にGPTディスクにMBRディスクをクローンするより簡単な方法がありませんか。
GPTディスクにMBRディスクをクローンする方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7向けのフリーウェアで、宛先ディスクをMBRに変換せずにGPTディスクにMBRディスクをクローンすることができるし、クローンされたドライブは元のものとして、また起動できます。動作の前に、システムは64-Bitかどうか、コンピューターはUEFIブートモードをサポートできるかどうかを確認してください。AOMEI BackupperでGPTディスクにMBRディスクをクローンするために、システムクローンとディスククローンはどちらもいいです。システムクローンを例として見てみましょう:
1. この無料クローンソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。
2. クローンタブでシステムクローンをクリックします。このプログラムは自動的にC:ドライブとシステム予約済みパーティションをクローンに含みます。
クローン
3. 「2」をクリックして、宛先パーティションを指定します。クローンプロセスは宛先パーティションの全てのデータを削除するので、選択されたパーティションに重要なファイルがないことを確認します。
宛先を選択
4. 開始をクリックして、プロセスを実行します。
開始
GPTディスクにMBRディスクをクローンするプロセスはバックグラウンドで実行されるので、コンピューターを使う仕事を影響しません。GPTディスクから起動する前に、UEFIブートモードを有効にします。しかも、AOMEI Backupperはバックアップと復元ソフトウェアとみなされます。MBRディスクをバックアップして、GPTディスクに復元することもいいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。