FC2ブログ

C. ライト・ミルズ「社会学的想像力」

普通人びとは、自分たちが耐えている苦難を、歴史的変化や制度的矛盾という文脈の中で把握してはいない。自分たちが享受している安楽を、そこで生きている社会の巨視的な変化には、結びつけて考えないのが普通である。かれらは自分たちの生活のパタンと世界史の進路との間に、精妙な関係があることにほとんど気付かない。したがってこの関係が、自分たちの現在と未来にとって何を意味し、また自分たちが主体的に参加できるかもしれない歴史形成にとって何を意味するのかをもしらない。彼らは、人間と社会との、個人生活史と歴史との、自己と世界との相互滲透を把握するのに欠くことのできない精神の資質を持ち合わせていない。かれらは個人的問題の背後にいつも横たわっている構造的変化を、主体的に制御するような方向で、その問題に対処することができないのである。(C. ライト・ミルズ「社会学的想像力」)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yoshytom

Author:yoshytom
メディア・アディクト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR